Home Address E-Mail
ごあいさつ | 品質方針 | 会社概要・沿革 | NZの営業種目 | ダウンロード
メニュー : 各技術トピックスのページへ
●測量・海洋調査 測量/水路測量/マルチビーム測深/マルチビーム測深の成果/サイドスキャンソナー/音波探査/環境調査
●磁気探査・物理探査 危険物探査/磁気探査(海上)/磁気探査(陸上)/三軸磁気探査/三軸磁気センサーを用いた地下構造物調査/地中レーダー

マルチビーム測深機の成果集
※随時更新いたします。

 
SEABAT(シーバット)8125型の主な使用用途としては、港湾構造物,消波ブロックの現況が詳細に分かり、捨石、敷石の均し状況も把握できます。また、転石や落下物調査等にもマルチビ−ムは有効なシステムです。
 その他には、
浚渫前後の法面管理にも有効ですし、埋め立て前の埋込土量計算も迅速に行えます。さらに海底現況の詳細はもとより、経年調査を行えば水中植生物の生態状況把握などの環境調査にも役立ちます。
 大きな特徴としては、従来の音響測深機と比べデータを3D図として表現できるので
視覚的に詳細が分かり易いということです。

以下に各種成果を表示しています↓↓↓
防波堤先端部を測定したものです。20〜25tの消波ブロックをかなり鮮明に捉えています。 同じく防波堤先端部を捉えたものです。 基礎マウンドの一部が欠落している状況が鮮明に捉えられています。
浚渫箇所の現状を捉えています。 水道管敷設ルートの海底地形測量を行ったものです。 排砂管位置を測定したものです。管位置を鮮明に捉えています。
岸壁付近にて、車などの落下物を確認することが出来ます。 同じく、車の形状を確認したものです。 直杭式岸壁の内部構造の詳細まで捉えています。

Homeへ 技術概要へ戻る マルチビームへ戻る


日本ジタン株式会社 福岡県北九州市小倉北区京町4丁目1−24 NZビル4F  Tel 093-541-1084 Fax 093-541-1087
Nihon Zitan Co.,Ltd #4F-4-1-24 Kyomachi Kokurakita-ku Kitakyuusyuu-shi Fukuoka-ken Japan
Copyright 2008 NihonZitan Co.,Ltd. All rights reserved.