Home Address E-Mail
ごあいさつ | 品質方針 | 会社概要・沿革 | NZの営業種目 | ダウンロード
メニュー : 各技術トピックスのページへ
●測量・海洋調査 測量/水路測量/マルチビーム測深/マルチビーム測深の成果/サイドスキャンソナー/音波探査/環境調査
●磁気探査・物理探査 危険物探査/磁気探査(海上)/磁気探査(陸上)/三軸磁気探査/三軸磁気センサーを用いた地下構造物調査/地中レーダー

危険物探査 不発弾探査
■危険物探査とは
 磁気探査は、物理探査の一分野であり、地震・火山噴火対策、資源開発を目的としたものが知られていますが、弊社が行っている磁気探査は、港湾工事に対する安全確保を目的として、ごく局所的な磁気異常を発見する危険物探査(不発弾探査)を指します。

 これは、第2次世界大戦における日米双方がもたらした、機雷・爆弾・砲弾等の危険物が、未だに港湾工事の障害となっており、その対策として、帯磁物の磁気の強さ・位置が適確に把握できる磁気探査が最も有効な方法であるためです。
 地球自体が1つの磁石であり、日本付近では、約3〜5×10nT程度の磁界を形成していますが、磁気探査で対象となる磁界の強さは5〜10nT程度のごく微弱なものであり、探査には厳密な精度が要求されます。 弊社では、種々の実験を経て、質の高い探査技術で磁気探査を実施しており、確実に成果を上げております。
 
また、磁気探知機では反応しきれない特殊合金弾(アルミ等)の探査、また、矢板等の強磁性体の近傍についての危険物探査も、金属探知機及び地中レーダー等の使用によって調査を行っています。

●危険物撤去の様子
■使用用途
●水域
■通常の水域 Check! 台船方式による磁気探査
■浅海域、狭隘な海域 Check! 小型船方式による磁気探査
潜水士による簡易探査
●陸上
■探査有効深度によって Check! 水平探査
鉛直探査
■強磁性体以外、
強磁場内での磁気探査
Check! 地中レーダー探査
Check! 三軸磁気探査
■高精度磁気探査 Check!
●危険物探査(不発弾探査)の作業手順
■陸上での危険物探査(不発弾探査)の方法 (例)
建築建設工事(切土工事、構造物の基礎工事)等を施工する場合
工事着手前に磁気探査を行うのが通常である
(切土工事は施工区域内及び法肩から外方1.5m程度、杭及び矢板打ちは法線から両側2mまでの区域)
調査方法の選定調査箇所の深度は?
浅い 深い
●水平探査
探査測線の設定
磁気測定
資料解析
(磁気量・埋没深度等の算出)
●鉛直探査
探査孔位置出し測量
ボーリング機にて探査孔削孔
1m削孔毎孔底下方の安全確認
不発弾相当の磁気反応があるか?
あり なし
不発弾相当の磁気反応がある場合は探査孔を追加し測定を行う所定の深度に達した後連続測定
資料解析
(磁気量・埋没深度・探査孔中心からの距離等の算出)
異常点位置出し異常点確認
危険物以外 危険物
危険物を現地に保管し監督員に連絡し指示を受ける
異常物撤去
危険物処理
埋め戻し
安全確認終了

■海上での危険物探査(不発弾探査)の方法 (例)
港湾工事(浚渫工事、桟橋、岸壁等構造物の基礎工事)等を施工する場合は、工事着手前に磁気探査を行うのが通常である。
(浚渫工事は施工区域内及び法肩から外方20m、杭及び矢板打ちは法線から両側10mまでの区域)
調査方法の選定   調査箇所の水深、探査幅は?
探査箇所 比較的広い
水深   3m以深
探査箇所 比較的狭い
水深   1〜10m
・狭隘または水深が浅い等のため磁気探査作業が困難である場合
・鋼製構造物の前面で、その鋼製構造物の影響があるため磁気探査作業が困難である場合
・現場底面の底質が岩盤又は硬土質であって機雷の埋没が予測されない場合
●台船方式 ●小型船方式 ●簡易探査
※1 磁気探査
資料解析
海底の土質は?
底質が岩盤又は硬土質 底質が軟土質又は普通土砂
見とおし探査
困難な場合は突き棒、あるいは簡易探査計による探査
突き棒、簡易探査計による探査
異常点確認
危険物以外 危険物
危険物を現地に保管し監督員に連絡し指示を受ける
異常物撤去
危険物処理
撤去対象物があるか?
無し 有り
安全確認終了 潜水探査
異常点確認
危険物以外 危険物
危険物を現地に保管し監督員に連絡し指示を受ける
異常物撤去
危険物処理
確認探査を実施する場合 ※1へ戻る
安全確認終了
Homeへ 技術概要へ戻る


日本ジタン株式会社 福岡県北九州市小倉北区京町4丁目1−24 NZビル4F  Tel 093-541-1084 Fax 093-541-1087
Nihon Zitan Co.,Ltd #4F-4-1-24 Kyomachi Kokurakita-ku Kitakyuusyuu-shi Fukuoka-ken Japan
Copyright 2008 NihonZitan Co.,Ltd. All rights reserved.