Home Address E-Mail
ごあいさつ | 品質方針 | 会社概要・沿革 | NZの営業種目 | ダウンロード
メニュー : 各技術トピックスのページへ
●測量・海洋調査 測量/水路測量/マルチビーム測深/マルチビーム測深の成果/サイドスキャンソナー/音波探査/環境調査
●磁気探査・物理探査 危険物探査/磁気探査(海上)/磁気探査(陸上)/三軸磁気探査/三軸磁気センサーを用いた地下構造物調査/地中レーダー

磁気探査 (陸上)
磁気探査(海上)のページへ

■水平探査

 空港等、陸上の工事においても、爆弾・砲弾等の残存爆発物が存在する可能性の高い箇所では、事前に危険予防措置として磁気探査を実施します。使用するセンサーは基本的には海洋でのものと同じですが、人力で携行するため、重量の軽いタイプが使用されます。

■探査方法

 まず、探査測線図を基に、探査前に現地にて区域を設定した後、探査測線となる測線ロープを設置し、各測線を探査します。


■鉛直探査

 鉛直探査は、ボーリング箇所において一軸フラックスゲート式磁力計を鉛直方向の探査に用いることで、地中埋設物、危険物等の有無を調査することができます。

 弊社ではこの他に、従来不可能とされてきた、強磁性体(鋼管杭、鋼矢板)付近での探査を可能にするべく、新型の『三軸センサー(三軸磁気センサー)』を開発しました。


■三軸磁気探査

 水路拡張や矢板岸壁付近の工事の際に、危険物探査等が必要な場合や、地下鉄工事施工前の、地下構造物調査等に関して非常に有効に利用されております。

■主な使用用途

 一般的な用途としては、埋没している不発の爆弾,砲弾の探知のほか、埋設磁性体(上下水道管、電気・通信ケーブル)の探知などがあります。

■特徴
 特徴としては、対象となる磁性体とセンサーの相対位置の変化による磁界の変化を測定することで磁性体の大きさ(磁気量)や、センサーとの距離を知ることができます。 


■平面位置決定方法

 磁気探査によって位置的に判明することは、地表からの深度とその深度におけるセンサーからの距離(Z)です。深度については得られた値がそのまま異常点の深度ということになりますが、センサーからの距離(Z)については、あくまでセンサーを中心とした半径(Z)の水平上ということしか判断できず、その周辺の2箇所以上の位置が確定できます。
 実際にはある探査孔(A地点)で異常点が検出されたとすると、その異常点は半径ZAの水平上に位置することになります。そこで、半径ZAより少し離れた位置に探査孔Bを、さらにA,Bの解析結果を基に探査孔Cを設置しl、センサーから異常点までの距離(ZA,ZB)を測定します。 
 その結果、
異常点の位置はZA,ZB、ZCを半径とする円の交点ということになります。
Homeへ 危険物探査へ戻る 技術概要へ戻る


日本ジタン株式会社 福岡県北九州市小倉北区京町4丁目1−24 NZビル4F  Tel 093-541-1084 Fax 093-541-1087
Nihon Zitan Co.,Ltd #4F-4-1-24 Kyomachi Kokurakita-ku Kitakyuusyuu-shi Fukuoka-ken Japan
Copyright 2008 NihonZitan Co.,Ltd. All rights reserved.